忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




2018/08/17 06:22 |
【1番】竺和山霊山寺  《放送内容》

今回は、いよいよ第一番札所、霊山寺へお参りです。

霊山寺の山号は「竺和山」
山号を見れば、そのお寺の御本尊が判る場合が多いそうですが、
因みにこちらは、天竺にゆかりのある山号ですので、御本尊はお釈迦様です。

お参りの仕方も様々あり、自動車でのお遍路が盛んになった現在は、
山門をくぐらず、駐車場で降りればすぐに境内、という場所も多いのですが、
折角の機会ですから、少し遠回りでもキチンと山門を通って、
お寺の持つ、重厚で荘厳な雰囲気を味わいながらお参りされるのも
意義深いことでしょう。

お参りに際し、こうゆうさんから作法についての解説を頂きました。

 門を入る前の礼拝、合掌。
 金剛杖の意味と、扱い(橋を渡る時、突かない時の持ち方)。
 手洗い場での、手や口の清め方。

日常生活でも生かすべき「ちょっとした、大切な心がけが、
それぞれに織り込まれています。

お参りを修めた後には、お遍路初心者のきょんきょんから質問。

 お経や御真言を唱える「回数」の意味は?
 杖を持つ手は右と左、どちらが良いのか?

こうゆうさんからの回答は、それぞれに仏教の修行やみ教えと深く関りのある、
大変にためになるものでした。

さて、この番組では「お笑い」を封印された米裕さん。
満を持しての登場は、創作小噺「凸凹同行記」

山門前の賑やかな売り子の声と、海を越えてお四国にやって来た、
たけやん・ごんたの凸凹コンビが織り成す、笑いと人情のお遍路行。
金剛杖の持つ重要な役割も、さりげなくお勉強出来ました。

・・・何?こんな大雑把な紹介文じゃ、番組の内容がわからない?
ならば、FMくらしきPodcastをチェックすべし!!
 

PR



2007/04/21 21:28 | Comments(2) | TrackBack(0) | 放送内容

トラックバック

トラックバックURL:

コメント

ナレーションの低い声の持ち主が気になります。

私の予想では、ずばり!!
「とつぎーの」というお笑い芸人さんの声でしょう!!!

違うでしょうね、きっと。
posted by おむすびあたま at 2007/05/02 13:13 [ コメントを修正する ]
過去の『拝、ボーズ!」』を聴いて頂ければ答えが隠されております。
リンクさせながらお楽しみ下さい!
posted by 拝ボースタッフ at 2007/05/02 21:07 [ コメントを修正する ]

コメントを投稿する






Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字 (絵文字)



<<参上!! | HOME | すでに先を行く者あり>>
忍者ブログ[PR]